カニゲラルグループについて

カニゲラルグループは半世紀以上の歴史を持ち、食品業界において確固たる地位を築いております。
1969年に誕生し、会社の起源とファミリービジネスの使命を守りながら成長を続けて参りました。
新しい世代の風も取り入れながら、先代から受け継いだ価値観も重んじております。

360º産業

我々はダイナミックな産業です。
農場から食卓まで、バリューチェーン全体の管理(360º産業)を行っております。
その徹底した管理により、すべての食品の品質とお客様が求める透明性を確保しています。
15の専門工場及び認可工場から、豚肉・牛肉・羊製品など多岐にわたる製品を主要な輸出先へ出荷しております。新しい自社商品としましては、七面鳥肉または鶏肉の熟成腸詰製品・ほうれん
草を使用したベジタリアン向け商品・チーズ、鱈、チピロン(小イカ)等のコロッケがございます。


イノベーションの詳細

お客様に安全で楽しい食事の時間が過ごしていただけるよう、21世紀のニーズに合わせた食品の安全性と品質を備えたソリューションを提供しています。

お客様へ自信を持って弊社商品をお召し上がりいただけるよう、最善を尽くしております。
目的
消費者のニーズに合わせ、最高品質で健康的な食品をご提供致します。
情熱とは、個人をより良くする原動力であり、更に上へと導いてくれるエネルギーです。その一人ひとりの情熱が、会社全体の成長に繋がると感じております。
グループ全体の数字
安定した継続的な成長
1,023 百万ユーロの年間売上
115 百万ユーロの過去3年間の再投資金額
4,000 従業員数
15 製造工場
200,000 工業用地(㎡)
+60 出荷先の国々

製造
3 百万匹の豚/年間
30,000 頭の牛/年間
240,000 匹の羊/年間
464 匹の羊/年間
94 スライスライン
225 百万個のトレー/年間
製造工場

我々の15の生産工場は、地中海沿岸の農村エリアにあります。多くの雇用とそれに伴う安定した人口の定着への貢献は、地域の経済活力となっております。



プロセスのパイオニア

効率的であること、それは製造において、常に新しい方法を模索し改善するこ
とを意味します。例えば、連続フローで行われる肉の処理・カッティング・パッケージングで
は、製品の鮮度保持を重要視し、鮮肉、冷凍に関わらず最高品質を保証致します。

技術の進歩により、新しい味覚を提供することが可能となりました。ジューシーさが求められるハンバーグは、「低圧」技術により、従来のパサパサとした食感とは高度な技術により、一線を画すものとなりました。誰もがコロッケの理想としてあげる「サクサクな食感」も、プロセスの革新に
より、実現しております。

私たちはINNOVAC社と共同で、屠殺所から得られるタンパク質の価値を高めるための研究を行っています: (詳細)

品質チェーン

自社のアグリフードチェーンを管理することで、トレーサビリティ・食品の安全性・農場から食卓までの品質が保証されております。弊社の専門生産工場には、絶え間なく製品分析を実行する微生物学研究所が装備されています。X線制御と人工視覚は、ラベル付けに関し絶対的な信頼性を保証致します。

品質の継続的な改善は、最も重要な仕事の一つだと考えています。達成のために必要な最初のステップは、サプライチェーンと並行して作業すること、そして動物の起源と繁殖を把握し、トレーサビリティを保証するフードチェーンの包括的な制御です。

製造プロセスにおいて、食品の安全性と品質を重視するコーポレートガバナンスポリシーを適用しています。管理ポイントの分析(HACCP)と標準化された衛生管理計画(PNCH)を通じて、生産のすべての段階で健康と衛生を検証致します。あらゆる緊急事態に対応するため、インシデント管理計画を確立し、実行します。私たちは、責任あるマーケティングポリシーに従い、製品に関する誠実な情報を透明性をもって完全かつ明確に提供し、消費者のコミュニケーションに機密性と完全性をもって対応致します。

弊社は、国際的な品質認証を取得し、生産活動をしております。

これらの認証取得により、新たな戦略的市場への到達が可能となり、USDA承認付き白身豚肉の、米国向け輸出を行う初の国内企業となりました。

クリーンルームでのスライスは、最高レベルの衛生保証を達成しております。他にも、熟成など最も複雑なプロセスの1つの品質を制御する自動コンベヤなど4テクノロジー4.0を使用しております。

証明書

世界で最も高い品質と食品安全性の基準の1つである国際食品規格(IFS FOOD)に承認された我々は、お客様と最終消費者に最高の製品を保証します。

農業食品の安全性に関する特定のグローバルBRC規格で認定されています。このようにして、消費者に提供する食品の品質と安全性を確保しています。

ISO14001規格は、環境マネジメントシステムを実施するために必要な要求事項を定めています。そのため、私たちは環境マネジメントシステムの遵守と改善に力を注いでいます。

認定センター。
- フレスコス・イ・エラボラドス・デリサノSAU、OCAグローバル社製

トレーサビリティは、食品流通チェーン全体で食品の品質を確保するための基本です。 OCA認証機関弊社は、定期的に私たちを監査して、技術文書である豚のトレーサビリティシステムと規制CE-178 / 2002(第18条)に準拠していることを証明します。 

スペイン標準化および認証協会(AENOR)と共同で開発され、ウェルフェア・クオリティーのプロトコルに基づいた新しいIRTA認証スキームは、動物福祉規制の遵守への関心を保証します。

ISO 14001規格は、環境管理システムを実装するために必要な要件を提供します。したがって、私たちは環境管理システムの遵守と改善に取り組みます。

ハラル認証を受けた生産工場が2つあります。ハラール保証マークが付いた製品は、製品に付加価値を与え、製造、取り扱い、保管、輸送、流通のプロセスで品質を保証します。

IAWS認定-スペインの白衣豚のバリューチェーンのすべての関連において、動物福祉、健康、バイオセキュリティ、動物の取り扱い、トレーサビリティの問題において実施された優良事例を支持するためにINTERPORCが推進する動物福祉認定書です。これは、動物福祉とバイオセキュリティにおけるEUの最も厳しい要件への準拠を保証します。この認証は、食肉部門自体によって作成され、科学者、認証機関、および動物防衛組織によって承認されています。

米国への肉製品の輸出が承認された最初のスペイン企業でした。 米国農務省(USDA)は、米国の農業食品業界の監督を担当する連邦政府機関であり、海外からのこの種の製品の流入を規制しています。

AENORは、我が社の製品における「イベリコ豚」の名称の品質と真実性を認定しています。認証会社は、この額面の対象となる我が社の製品の屠殺、切断、精巧化、および生産に関連する当社の工場を定期的に管理しています。

労働災害防止マネジメントシステムに関する法定監査適合証明書を取得しています。
監査は、労働リスク防止に関する法律31/1995、防止サービス規則(勅令39/1997)(勅令604/2006で修正)および施行中の個別規則に定められた要件に従って実施されています。

認定センター。
- Audita Global ServiceによるFrigorífics Costa Brava SAU。

我々の歴史
1965
我々のはじまり

創設者であるジョアン、ジョアキム、カンディド・カニゲラルは、カサ・デラ・セルバ(ジローナ)にて
家業を始め、後に 株式会社 ジョアン・カニゲラルを設立しました。
そして、MONTER(モンテール)の商標が誕生致しました。
その後、バルセロナとその周辺地域への商業化が拡大し、ロスピタレット・デ・ジョブレガットにセンターが設立されました。

1969
株式会社 フリゴリィフィコス・コスタ・ブラバ

リュードロッツ・ラ・セルバ(ジローナ)に、株式会社 フリゴリィフィコス・コスタ・ブラバと他2社と共に食肉処理場を設置致しました。

1989
有限会社エンブテイドス・モンテール

有限会社 エンブティドス・モンテールを設立し、サン・ジャウメ・デ・リエルカに塩漬け腸詰め製品工場の設備を取得致しました。

1998
クリーンルームの作成

サン・ジャウメ・デ・リエルカ工場にクリーンルームを作成しました。設備の拡張とスライスラインの増加に伴い、生産能力と生産性向上を実現致しました。

2000
エンブティドス・モンテール社の拡張

カニゲラル家はビジネスを拡大し続けるために、レス・プランネス・ドストレスにあるプロドゥクト・カルニコス・ピレネ工場を買収致しました。

2002
熟成させた七面鳥の加工品の製造

2002年、スペイン国内市場で初めて、熟成させた七面鳥の加工品の販売を開始致しました。この商品は、従来の加工品に比べ脂質を30%削減し、健康的な商品としての地位を確立いたしました。

2008
中国市場の先駆者

弊社のフリゴリィフィコス・コスタ・ブラバ工場から出荷する、骨なし生ハムやその他の豚肉製品が中国当局から認可を受けました。

2008
有限会社 コオペカルン・ジローナ(クアルト)

コオペカルン・ジローナ社を買収し、輸出用のマリネ及び冷凍肉の新しい活動を始めました。

2011
日本市場への参入

弊社フリゴリィフィコス・コスタ・ブラバが、日本市場へ参入致しました。

2011
テクノロジー4,0

2011年に、レス・プラネスの施設拡張の第一段階として、ロボット技術の実装を致しました。1年後にレス・プラネスセンター拡張の第二段階を開始し、乾燥機の乾燥能力が250トン向上致しました。

2012
有限会社 コオペカルン・ジローナ

コオペカルン・ジローナ社を設立するために、カサ・デ・ラ・セルバの本社とクアルト倉庫を合併致しました。

2013
アメリカへの最初の輸出

弊社コスタブラバは、世界で最も厳しい品質基準である食品安全基準をクリアし、米国にて初めて皮付き豚肉の輸出が承認されたスペイン企業となりました。

2015
「ち私たのハムが米国に」

米国への輸出承認と証明書を取得してから2年、最も成功した製品のひとつであるセラーノハムで米国市場に参入しました。

2016
株式会社フレスコス・イ・エラボラドス・デリサノ

カニゲラルグループへの新しい組み込みとして、裁断と包装に特化した革新的なプラントのフレスコス・イ・エラボラドス・デリサノ社を設立しました。
メルカドナ(スーパー)のサプライヤーは、鮮度にこだわり、新鮮な豚肉と羊の肉、加工製品、ハンバーグ、シチューの手配を扱っています。
チェステ(バレンシア)に拠点を置き、1,000人以上の従業員がいます

2016
株式会社 フレスコス・イ・エラボラドス・デリサノ

Costa Brava Foodsは、合計40,810m²の現在の工場の拡張と、1,300人を超える専門職のチームについて紹介します。その後、フリゴリフィコス・コスタ・ブラバ・ビラマラの拡張により、現在では総従業員数1,800人以上、61,000m²以上、年間320万頭以上の豚の生産能力を持つに至っています。

2016
有限会社 ファル・ハモンセラーノ

カニゲラスグループは、熟成製品全般をグループへ投入するため、レス・プレセス(ジローナ)にあるファル・ハモンセラーノ社を買収し、事業の多様化と輸出拡大を実現致しました

2017
鶏肉を使った熟成加工品の販売開始

より健康的な商品を目指し、製品カタログを更新いたしました。熟成鶏肉加工品に、スナックタイプ包装を適用したことで、いつでも手軽に食べられる人気商品を生み出しました。

2018
株式会社 フリゴリィフィコス・コスタ・ブラバ場拡張

2月、カニグエラル・グループはヴィラマッラ(ジローナ)に20,500m²の新施設を取得し、コスタ・ブラバ・フーズ社は同社にとって2番目の裁断工場となりました。フリゴリフィクス・コスタ・ブラバ社の2工場を含めると、61,280m2の敷地に1,800人以上の専門スタッフがおり、年間320万頭以上の豚を生産する能力があります。

2018
有限会社 フリゴリィフィコス・カルニコス・ラス・ファオルカス

コスタ・ブラバ・メディテラニアン・フーズのポートフォリオには、フリカフォール社の牛肉製品が含
まれています。豚肉・肉加工品・腸詰め製品・スナックに加えて、新鮮な牛肉が、弊社製品として加わりました。

2018
有限会社 コスタ・ブラバ・メディテラニアン・フーズ

2018年10月に、グループは新しい国際ブランド、コスタ・ブラバ・メディテラニアン・フーズを発表
いたしました。フレッシュ・デリシャス・トラディションの3つの要素で構成されています。同年10月
21日から25日に開催された、シアル・パリ国際見本市にて、新ブランドとしてお披露目の機会となりました。

2018
年「世界の主要市場に進出した当社の生ハム」~

当社の伝統的なスター商品であるセラーノハムが、世界の主要市場に新規参入しました。今年は、この製品で日本、中国、オーストラリアに進出しました。

2019
食品ロス対策

加工品の鮮度を長く持たせるため、製品にcuatripack(四分割包装)を適用致しました。この包装
方法により、新鮮なまま少量づつ消費できるようになり、大きな目標である廃棄物ゼロの取り組みに大きく貢献しております。

2019
EMBUTIDOS CASEROS COLLELL, S.L.U.

Costa Brava Mediterranean Foods社は、Embutidos Caseros Collell, S.L.U. Girona県、Les Preses, Sant Esteve de Llémena、Olot (2) にある4工場は、グループにとって非常に重要な分野、ソーセージと生ハムを強化、拡大することになります。

2020
THIS MUST NOT STOP」キャンペーン

この困難な時期にコヴィドでは、最高品質で最も食品安全な基本的必需品へのアクセスを継続できるよう、努力と予防措置を倍加しているのです。家にいれば、何も不足することはない。#EstoNoTieneQueParar

2022
PERNILS LLÉMENA 拡張

セラーノハム工場の 8,000 m² を拡張し、生産能力を拡大するとともに、平均熟成期間を延長することで、品質面でも向上させます。スペインにおける主要な生ハム生産者の一社としての地位を固め続けています。

2022
太陽光発電所と100%再生可能エネルギ

Costa Brava Mediterranean Foodsは、最大の工場にソーラーパネルを設置しており、さらに多くの工場に設置する予定です。また、今年はグループ全体で再生可能エネルギー100%を実現する最初の年でもあります。

2022
私たちのカーボン・フットプリントを計算する

この年、私たちは2021年までのカーボン・フットプリントを計算しました。2021年のCO2発生量は426,600tでした。現在、私たちは温室効果ガスの補償と削減に取り組んでいます。例えば、画像にあるカン・ティア火山の森林の保護に取り組んでいます。

×ATENCIÓ: Cookies no configurades en l'idioma actual. Revisa la teva configuració al plugin, gràcies!