カニゲラルグループについて

カニゲラルグループは、半世紀以上の経験を持ち、食品業界で確固たる事業を展開しています。 1969年に誕生し、我々はその起源と家族の召命を守りながら成長しました。我々は今日、第2世代に導かれ、我々の財団から受け継がれた価値観を維持しています。

360º産業

我々は、ダイナミックな産業です。農場から食卓まで、バリューチェーン全体を管理しています。インダストリー360ºにより、すべての食品の品質と、お客様と消費者が求める透明性を確保しています。
主要な輸出先向けの17の専門工場および認可工場から、豚肉、牛肉、羊製品の幅広いポートフォリオを世界中に配布しています。さらに、革新的な七面鳥肉又は鶏肉の熟成腸詰製品、そして、非肉製品を使ったほうれん草、チーズ、タラ、チピロン等のコロッケなどがあります。


イノベーションの詳細

お客様が楽しい一時を過ごせるよう、21世紀のニーズに合わせた食品の安全性と品質を備えたソリューションを提供しています。

時間は買えません。しかし、お手元に届くよう最善を尽くします。
目的
今日の消費者の味とニーズに適応した、最高品質で健康的な食品を手に入れます。
情熱とは、あなたを優れたものにする原動力であり、エネルギーであなたを再充電し、想像もしなかったところへとあなたを導きます。そうして我々の目的を達成するのです。
数字で表すグループ
一定の責任と共有の成長
956 百万の売上
115 過去3年間で数百万の再投資
4.000 従業員
17 製造工場
200.000 工業用地m2
+50 国々

製造
3.5 百万匹の豚/年間
11.000 頭の牛/年間
150.000 匹の羊/年間
400 百万キロ/年間
38 スライスライン
250 百万個のトレー/年間
製造工場

我々の17の生産工場は、地中海沿岸の農村地域にあり、経済の活力を生み出し、人口の定着に貢献しています。合計で、製品のタイプごとに200,000 m2を超える専門工業地域があります。



プロセスのパイオニア

我々の目標は効率的であることであり、それは製造における新しい道を模索することを意味します。例えば、連続フローで在庫なしで行われる肉の処理、カッティング、パッケージングでは、最適な瞬間に鮮度を捕らえて、鮮肉でも冷凍でも最高品質の製品を保証します。

プロセスの革新により、味覚に新しい感覚をもたらすことができます。ハンバーグで最もジューシーな肉は、「低圧」技術を使用して作られ、スポンジの質感があるためです。革新というのは、高度な技術を使用して、祖母がクリーミーなコロッケ生地に薄くてカリカリに調理するプロセスを時間を遡って複製することでもあるのです。我々のようには、他では誰も同じことをしません。

品質チェーン

自社のアグリフードチェーンを管理することで、トレーサビリティ、食品の安全性、農場から食卓までの品質が保証されます。我が社の専門の生産工場には、絶え間ない製品分析を実行する微生物学研究所が装備されています。 X線制御と人工視覚は、ラベル付けに関する絶対的な信頼性を保証します。

我々は、品質をあらゆる面で継続的に改善する共通の仕事として理解しています。そしてそれを達成するための最初のステップは、サプライチェーンと並行して作業を適用し、動物の起源と繁殖を把握し、トレーサビリティを保証することを可能にするフードチェーンの包括的な制御です。

製造プロセスでは、食品の安全性と品質を重視するコーポレートガバナンスポリシーを適用しています。これらの前提で、管理ポイントの分析(HACCP)と標準化された衛生管理計画(PNCH)を通じて、生産のすべての段階で健康と衛生を検証します。あらゆる緊急事態に対応するために、インシデント管理計画を確立し、実行します。私たちは、責任あるマーケティングポリシーに従い、製品に関する誠実な情報を透明性をもって完全かつ明確に提供し、消費者のコミュニケーションに機密性と完全性をもって対応します。

我々の生産活動は、世界で最も適切な品質認証を取得しています。

これらの拠点により、新たな戦略的市場に到達し、白身豚肉の米国向け輸出ができるように、USDAの承認を得た最初の国内企業となりました。

クリーンルームでスライスして最高の衛生保証を達成し、例えば、熟成などの最も複雑なプロセスの1つの品質を制御する自動コンベヤなどの4テクノロジー4.0を使用しています。

証明書

世界で最も高い品質と食品安全性の基準の1つである国際食品規格(IFS FOOD)に承認された我々は、お客様と最終消費者に最高の製品を保証します。

農業食品の安全性に関する特定のグローバルBRC規格で認定されています。このようにして、消費者に提供する食品の品質と安全性を確保しています。

トレーサビリティは、食品流通チェーン全体で食品の品質を確保するための基本です。 OCA認証機関弊社は、定期的に私たちを監査して、技術文書である豚のトレーサビリティシステムと規制CE-178 / 2002(第18条)に準拠していることを証明します。 

スペイン標準化および認証協会(AENOR)と共同で開発され、ウェルフェア・クオリティーのプロトコルに基づいた新しいIRTA認証スキームは、動物福祉規制の遵守への関心を保証します。

我々は、最も国際的に認められている食品品質管理システムの1つであるQS食品品質スキームによって認定されています。この証明書は、当社の品質管理システムの完全性と、品質と食品安全に関する要件の履行を保証します。

ISO 14001規格は、環境管理システムを実装するために必要な要件を提供します。したがって、私たちは環境管理システムの遵守と改善に取り組みます。

ハラル認証を受けた生産工場が2つあります。ハラール保証マークが付いた製品は、製品に付加価値を与え、製造、取り扱い、保管、輸送、流通のプロセスで品質を保証します。

IAWS認定-スペインの白衣豚のバリューチェーンのすべての関連において、動物福祉、健康、バイオセキュリティ、動物の取り扱い、トレーサビリティの問題において実施された優良事例を支持するためにINTERPORCが推進する動物福祉認定書です。これは、動物福祉とバイオセキュリティにおけるEUの最も厳しい要件への準拠を保証します。この認証は、食肉部門自体によって作成され、科学者、認証機関、および動物防衛組織によって承認されています。

米国への肉製品の輸出が承認された最初のスペイン企業でした。 米国農務省(USDA)は、米国の農業食品業界の監督を担当する連邦政府機関であり、海外からのこの種の製品の流入を規制しています。

AENORは、我が社の製品における「イベリコ豚」の名称の品質と真実性を認定しています。認証会社は、この額面の対象となる我が社の製品の屠殺、切断、精巧化、および生産に関連する当社の工場を定期的に管理しています。

我々の歴史
1965
我々の始まり

創設者のジョアン、ジョアキム、カンディド・カニゲラルは、カサ・デラ・セルバ(ジローナ)で家業を始め、後に株式会社ジョアン・カニゲラルを設立しました。そして「MONTER」(モンテール)の商標が生まれました。
その後、バルセロナとその周辺への商業化が拡大し、ロスピタレット・デ・ジョブレガットにセンターが設置されました。

1969
株式会社フリゴリフィコス・コスタ・ブラバ

リュードロッツ・ ラ・セルバ (ジローナ)に、株式会社フリゴリフィコス・コスタ・ブラバともう2社で食肉処理場を設けました。

1989
有限会社エンブテイドス・モンテール

有限会社エンブテイドス・モンテールを設立し、サン・ジャウメ・デ・リエルカに塩漬け腸詰製品工場の設備を取得します。

1998
クリーンルームの作成

サン・ジャウメ・デ・リエルカ工場にクリーンルームを作り、設備の拡張、スライスラインの増加に伴い、生産能力と生産性が向上しました。

2000
エンブテイドス・モンテール社の拡張

カニゲラル家は、ビジネスを拡大し続けるために、レス・プランネス・ドストレスにあるプロドゥクト・カルニコス・ピレネ工場を買収しました。

2008
有限会社コオペカルン・ジローナ

コオペカルン・ジローナ社 (クアルト)を買収し、
主に輸出用のマリネおよび冷凍肉の新しい活動を始めます。

2011
テクノロジー 4.0

2011年に、レス・プラネスの施設拡張の第一段階を始まりました。
ロボット技術を製品製造に実装されています。.
1年後、レス・プラネスセンターの拡張の第2段階が始まり、乾燥機の乾燥能力が250トン増加します。

2012
有限会社コオペカルン・ジローナ

コオペカルン・ジローナ社を設立するために、カサ・デ・ラ・セルバの本社とクアルトの中心部を合併しました。

2016
株式会社フレスコス・イ・エラボラドス・デリサノ

カニゲラルグループへの新しい組み込みとして、裁断と包装に特化した革新的なプラントのフレスコス・イ・エラボラドス・デリサノ社を設立しました。
メルカドナ(スーパー)のサプライヤーは、鮮度にこだわり、新鮮な豚肉と羊の肉、加工製品、ハンバーグ、シチューの手配を扱っています。
チェステ(バレンシア)に拠点を置き、1,000人以上の従業員がいます

2016
株式会社アンプリアシオン・フリゴリフィコス・コスタ・ブラバ

コスタ・ブラバ・フーズは、合計23,000m2の現在の工場の拡張を示し、1,400人以上の専門労働者のチームにより、年間300万頭以上の豚の生産能力を実現しています。

2016
有限会社ファル・ハモンセラーノ

カニゲラルグループは、 熟成製品全般をグループに投入するため、レス・プレセス(ジローナ)にあるファル・ハモンセラーノ社を買収し、 事業の多様化と輸出拡大による販売拡大を実現しました。

2018
株式会社アンプリアシオン・フリゴリフィコス・コスタ・ブラバ

カニゲラルグループは、2月に合計10,000平方メートルのヴィラマラ(ジローナ)に新しい施設を取得し、同社の2番目のカッティングルームとしてコスタブラバフードに移転しました。

2018
有限会社フリゴリフィコス・カルニコス・ラス・フォルカス

コスタ・ブラバ・メディテラニアン・フーズのポートフォリオには、フリカフォール社の牛肉製品が含まれています。その瞬間から、新しい広範囲のウシ科が新鮮な豚肉、肉製品、腸詰製品やスナックに追加されました。

2018
有限会社コスタ・ブラバ・メディテラニアン・フーズ

10月には、グループは新しい国際ブランドコスタ・ブラバ・メディテラニアン・フーズを発表します。これは、輸出に向けられたすべての会社のすべての製品をグループ化しました。フレッシュ、デリシャス、トラディションの3つの範囲で構成されています。

10月21日から25日まで開催されたシアル・パリ国際見本市は、ブランドの商業洗礼でした。